和蝋燭(わろうそく)の製作手順についてのご紹介

伝統の和蝋燭の特徴とは、一本の和蝋燭を上から見たとき、ろうの層が何十にもきれいに重なって見えるところです。
これは、和ろうそくの製作工程で、何度も蝋を塗り重ねる作業によって生み出される特徴です。
和蝋燭が市販のパラフェンロウソクよりも火持ちがよく、消えにくいのは、この何十もの層があるからこそなのです。
そんな伝統の和蝋燭の製作手順をご紹介します。
※下の次へボタンをクリックすると工程が進みます。 前の工程に戻る場合は戻るボタンをクリックしてください 。

このコンテンツをご覧頂くには無料の Flash Playerが必要です。 フラッシュプレイヤー こちらのボタンよりダウンロードしてお楽しみください。


ろうそくの絵付け作業風景

ポインタを合わせると拡大画像とコメントが表示されます。
絵つけ作業風景 マウスを乗せると拡大画像が表示されます。